でも、次は絶対に負けない

ポケモン。その他趣味。

第14回キツネの社mf使用構築

f:id:kamiyama015:20160111222218p:plain

 

第14回キツネの社mf使用構築。
予選スイスドロー9回戦で7勝2敗の22位で予選抜け。
ベスト8を賭けたゲームで選出ミスが響き敗北。ベスト16で終えました。

せっかく関東まで遠征するなら勝てる並びを使いたくて、所謂「厨パ」を2日前くらいに練習でレートに潜るも選出が全くわからない。
キツネの社mfは試合開始前に見せ合いシートを用いて選出を考える為、普通よりも長い時間をかけて選出するポケモンを決める事が出来ます。
その為、見せ合いシートを使わないオフに比べると選出で大きなミスをしてしまう、という事が少ないのではないかと思いました。
普段から選出はポケモン対戦において一番重要な要素だと思っているので、いくら数値が高くて信頼できるポケモンばかりが採用されていても試合で勝てる選出を毎戦出来なければ意味が無いと思い、構築として安定感は欠けるが被選出がはっきり分かり、使い慣れている構築を持ち込んだ方が勝てるだろうと判断し、最近オフでずっと使っているエルフバンギダルマの並びを使用しました。



使用ポケモン説明

f:id:kamiyama015:20151018150637g:plain
エルフーン
性格:図太い
特性:悪戯心
持ち物:食べ残し
努力値:H204,B216,S88
実数値:161-×-145-95-95-147
技:草結び、身代わり、宿り木の種、アンコール
備考:いつも使っている個体。
今回もウエポンとして草結びを採用。バンギラスでは突破しにくいカバルドンに対して大きく削りを入れられるというのが採用理由。草結びはあまり考慮されないので、相手のプランを崩しやすい便利な技でした。
悩みの種を採用する事も考えましたが、後述するクレセリアが十分に奇襲性のある構成にしていたので今回は不採用。

f:id:kamiyama015:20151018150916g:plain
バンギラス
性格:陽気
特性:砂起こし
持ち物:バンギラスナイト
努力値:A252,S252,B6
メガ時実数値:175-216-171-×-140-135
技:ストーンエッジ、冷凍パンチ、けたぐり、龍の舞
備考:炎のパンチをけたぐりに変更。過去に負けたゲームで、炎のパンチが腐っていてけたぐりだと勝てたという場面が多く感じた為です。
実際当日もけたぐりを撃った回数は多く、この変更は成功だったと言えるでしょう。
ただし、ギルガルドに対する有効打が無くなってしまった為、以前よりもギルガルド入りの構築に対する選出はシビアになりました。

f:id:kamiyama015:20150627234254g:plain
ヒヒダルマ
性格:陽気
特性:力ずく
持ち物:命の珠
努力値:A252,S252,H4
実数値:181-192-75-×-75-161
技:フレアドライブ地震、アンコール、腹太鼓
備考:ピ。
岩雪崩を地震に変更。スカーフと決めつけられる事が多い為、フレアドライブを貰い火で吸いにヒードランが来ることがいくあったのでよく刺さりました。
構築単位でヒードランを誘いやすくした為だと思うので、この変更も成功だったと言えるでしょう。
腹太鼓の所を岩雪崩にしたかったのですが、受け回し系の構築を切り気味にしてしまっていたので、もしマッチングしても事故死しないようにする為にも切れない技でした。

f:id:kamiyama015:20140824095037g:plain

クレセリア
性格:図太い
持ち物:拘りスカーフ
努力値:H252,S248,B4,D,4
実数値:227-×-155-94-151-135(非理想)
技構成:トリック、サイコキネシス、電磁波、スキルスワップ
備考:バンギが抜いていく場合にキツいスカーフガブリアスバシャーモなどを選出画面から牽制し、自身が誘うポケモンに対して受け出してきたタイミングでスカーフを押し付けて腐らせる、というのが主な仕事。
奇襲性が高く、相手のプランを崩すキッカケを作れますが、むやみに選出してしまうと簡単に腐ってしまうので選出は慎重気味に。

f:id:kamiyama015:20140617221842g:plain
ガブリアス
性格:陽気
持ち物:気合いの襷
努力値:A252,S252,B4
実数値:183-182-116-×-105-169
技構成:地震、岩石封じ、ステルスロック、吠える
備考:見せポケとして選出画面からバシャーモに圧力をかけられ、なおかつ殴れるステロ撒きとして採用。
使った事がないので信用出来ず、選出は0回。
しかし、バシャーモの被選出も0回だったので意味はあったのかもしれません。

f:id:kamiyama015:20141025213219g:plain

ゲンガー
性格:臆病
持ち物:ゲンガナイト
努力値:H188,B116,S196,C4,D,4
メガ時実数値:159-x-115-191-116-192
技構成:祟り目、ヘドロ爆弾、催眠術、道連れ
備考:配分は某氏のブログからそのまま使用。
この配分で、メガ進化前はメガヘラクロスのロックブラスト、メガ進化後はメガバシャーモフレアドライブを分の良い確率で耐える事が出来るらしい。
バンギラスがどうしても選出出来ない並びに対して強引な勝ち筋を生み出せるポケモン
個人的に催眠術は全く信用していないが、連打出来る盤面を作り出す事が出来れば無償で一体以上突破できる強烈なパワーを持っている技です。
この構築にはエルフーンヒヒダルマのアンコールがあり起点作成がしやすいので普通の構築よりかは安全に催眠術が撃てるようにしている(はず)。
クレセリアのスカーフトリックはメガゲンガーが上を取られてしまうポケモンが出来てしまうリスクがあり、噛み合いが悪い為あまり同時選出はしないようにしています。



ガルーラボルトロスがいない、ゴツメ持ちがいない、数値受けがいない、ラム持ちがいないetc…
この構築を動かす為に必要なのは、絶対に選出を間違えない事と、とにかく勝ちに行くプレイングをする事。
選出するときは出てこないところは切り捨て、初手を確実に合わせる事に重点を置きつつ、相手の並びに対してメガバンギラスメガゲンガーのどちらの勝ち手段が有効であるか、腐るポケモンはいないか、などを考えます。
立ち回りは、確実に読める交代は積極的に読んでいき後続に対して負荷を、アドバンテージを稼げる選択肢を選びます。もちろん引き際も肝心ですので最低限のアフターケア必要です。むやみに押し付けるだけだと流石に勝てないので。

当日の戦績は決勝トーナメントも合わせると8勝3敗ですが、内2戦は選出を間違えてしまった事が原因です。
リカバリーが効きづらい代わりに爆発力は見た目以上なので使っていて凄く楽しい構築なので気に入っていますが、まだまだ未完成なので(主にガブリアスクレセリアの枠が決まっていない)色々考えていければと思います。
これだけ尖っている構築なので選出はとてもシビアでエルフーンが択を発生させまくるのでレートだと全く安定しないのでオフ専用構築といったところでしょうか。

そろそろ真皇杯に向けてポケモン熱が上がってきそうなので、オフだけではなく少しずつレートもやっていけたらと思います。
主催のキツネさんやスタッフの皆さん、絡んでくれた知り合いの皆さん、対戦後に感想戦に付き合ってくださった方々へ感謝を。